グロイゼルの餌

ひさしぶりの投稿です。前に投稿した作品と同じですが、前のは全部フォトショップで作りましたが、今回、コミックスタジオを使ってデジタル処理しなおしましたので、再掲します。(註:古い物は削除しました)

1981年度作品。20pの短編です。例によって、登場人物に名前はありません。唯一名前があるのはグロイゼルだけ。今回はオマケの話を少々追加。

仲間内で喫茶店で話していたとき、たまたま地元の同人会のイベントか何かがあった日で、見知らぬ青年に突然「スコーピオンって同人誌をやってる○○といいます。おしなさん、うちの同人誌にぜひ一作描いていただけませんか」と話しかけられ、その同人誌も見せていただきました。たまたまいっしょにいた知人がその人を知っていて、信頼できる人だと。ぼくもわりと簡単な性格をしているのでつい「長いのでなければいいですよ」と答えてしまいました。「じゃ、20pくらいで、内容はおまかせしますが、できたらおしなさんらしいかっこいいやつを。寄稿ということでよろしいですね」かっこいいやつをといわれてもどうしたらいいか困るんですが。聞いてみたら、締め切りまで二三週間しかなかったので、軽い冒険譚にしました。前から「悪いやつ」が主人公の話を書いてみたかったので、いい機会だと思ったんですね。

その人から原稿のサイズを聞いたら、かなり小さいサイズで、縦横比も普通とちょっと違っていました。急いでそのサイズの原稿用紙をつくり、コンテ(ネーム)なしで、いきなり原稿用紙に書き始め、完成したのは10日後くらいでした。今見ると粗っぽい描き方ですが、わりと愛着のある作品です。たぶん、原稿が手もとに残っていないせいですね。

寄稿した原稿の「寄稿」という意味を、依頼者と執筆者がきちんと同意しないまま引き受けてしまったのが失敗。依頼者は「寄稿」された原稿は返却する必要がないと考えたようで、返却されませんでした。印刷された同人誌が送られてきたので、今回の作品の原稿はその小さな同人誌をスキャンして起こしました。そういえば、他にもいくつか頼まれて寄稿しましたが、ほとんど原稿が帰ってこなかったですね。もうぼくの記憶の中にしかない作品もあります。

「グロイゼルの餌」は、小松左京の「牙の時代」という中編のSF小説に「インスパイア」されて描いたものですが、すみません、ぼくが描くと、似ても似つかないものになってしまいました。SF好きな友人もいたのですが、まったく気がつかなかったといわれました。・・・まあ、ぼくだけがこっそり、そう思うことにします。

いま、ようやく思い出しましたが、『牙の時代』の主人公はモトクロスに乗っています。似ているのはそれだけでしたね。なお、主人公が乗っているバイクは、現実には存在しません。アメリカのロードバイクを参考にして、自分で勝手に設計しました。排気管が2本もあるバイクなんてありませんが、2本合ったらモンスターバイクっぽいなと、単純な印象で採用しました。また、前輪が異様に斜めに飛び出していますが、ロードバイクならまだしも、荒野をつきすすむバイクには不向きです。それはわかっていたものの、やっぱり見た目のかっこよさでこの形にしました。まあ、いいかげんですね。


おしなひょう 千の砂粒万の星屑

おしなひょうのオリジナルコミックサイト。 たくさんの作品を載せていければと思い、「千の砂粒万の星屑」と名づけました。

0コメント

  • 1000 / 1000